facebook facebook instagram instagram
2022.09.02

抗酸化作用に期待大! かぼちゃで美味しくキレイに!

Category美容に関する知識
  • Tags
30代を過ぎると、以前よりも気になり始める「加齢」。女性なら誰しも、いつまでも若々しい見た目でいたいと思うものですよね?そこで注目したいのが、抗酸化作用が期待できる野菜なんです。今回は、野菜のなかでも抗酸化作用がトップクラスとされる「かぼちゃ」についてご紹介します。ホクホクかぼちゃで美味しくキレイを目指しませんか?

高い抗酸化作用が期待できる「かぼちゃ」

まずは、抗酸化作用と加齢の関係について、簡単におさらいしておきましょう。私たちの体は常に酸素を必要としていますが、酸素を利用すると「活性酸素」という副産物が生成されます。この活性酸素は細胞を傷つけてしまう性質もあり、シワやシミといった肌の老化に加え、がんや動脈硬化といった生活習慣病の原因にもなると言われています!

抗酸化作用とはその名の通り、この活性酸素から体を守ってくれる力のこと。そして、この抗酸化作用が期待できる野菜のひとつが「かぼちゃ」です。

かぼちゃは、炭水化物、βカロテン、ビタミンC、食物繊維などを含んでいます。βカロテンは抗酸化作用が期待できる栄養素であり、野菜のなかでもかぼちゃはβカロテンを多く含みます。また、βカロテンは体内でビタミンAに変化し、ビタミンCとともに細菌から体を守る免疫力もつけてくれます。

さらに、かぼちゃはビタミンEも豊富。こちらも「若返りのビタミン」と呼ばれるほど、抗酸化作用があることで知られています。ビタミンEは、血行不良による冷え性、肩こり、緊張型頭痛などの改善も期待できる優れもの。年齢に伴うさまざまな悩みに対して、かぼちゃはとても頼もしい食品と言えます。

かぼちゃの栄養素は熱に強く、食べ方も自由自在です!

ビタミンは加熱に弱いという弱点があるため、しっかり栄養を取るには調理法で悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。その点、かぼちゃに含まれているβカロテンやビタミンEは熱に強いという特徴があり、料理の幅も広がります。

おすすめなのは、揚げる、炒めるといった調理法。油を使うのでカロリーが気になるかもしれませんが、βカロテンやビタミンEは油に溶けやすい「脂溶性ビタミン」なので、効率よく栄養素を摂取するのであれば天ぷらやコロッケなどがおすすめです。

ただし、カロリーが高めなので食べ過ぎには要注意。毎日たくさん食べるのではなく、効率よく栄養素を吸収できる食べ方でちょっとした1品を添える、という感じでいただいてみてください。

ちなみにかぼちゃは皮が固く、そのまま切ろうとすると大仕事。電子レンジで、100gにつき30秒ほど加熱すると切りやすくなるので、先にチンしてから切るのがおすすめです。

最後に!

かぼちゃは味が濃厚で、煮物にスープ、天ぷらと、いろいろな料理が楽しめます。加えて抗酸化作用による加齢へのアプローチも優秀となれば、これを取り入れない手はありませんよね。秋に旬を迎えるかぼちゃを上手に取り入れて、美味しくキレイを目指してみませんか?