facebook facebook instagram instagram
2022.04.26

シミそばかす無くしたい!

Category美容に関する知識
  • Tags
  • #シミ
  • #そばかす
  • #フォトフェイシャル
  • #レーザー治療
  • #肌のハリ
  • #肌質改善
  • #頬のたるみ、ゆるみ解消

そばかす・シミを消す方法は?おすすめ皮膚科の治療

 

1.「そばかす」はシミの一種

シミには種類がいくつかあり、そばかすもその一つです。

まずはそれぞれのシミの特徴を確認しましょう。

 

シミの種類をご紹介します。

種類 特徴
雀卵斑・そばかす 生まれつきであることが多い
・思春期頃までに目立ってくる
・思春期以降は目立たなくなるケースも
約5mm以下複数の斑点
鼻から頬にできやすい
老人性色素斑 ・最も多い一般的なシミ
後天的で主な原因は紫外線
・加齢で濃くなることが多い
・大きさは様々
頬や目元にできやすい
炎症後色素沈着 ニキビなどの跡が色素沈着した状態
・虫刺されの掻き壊しでもできる
肝斑 30~40代の女性に多い
ホルモンの乱れストレスが原因
・淡い褐色で左右対称にぼやっと現れる

老人性色素斑や炎症後色素沈着はある程度美白効果のあるものや、ビタミンC系のスキンケア化粧品でのセルフケアでも有効なのですが、 残念ながらそばかすをセルフケアだけで消すことは非常に困難です。

そばかすを確実に消すためには、皮膚科での治療をうける必要があります。

 

2.皮膚科の治療でそばかすを消す方法

確実にそばかすを消したい方には、皮膚科でのそばかす治療がおすすめ。

皮膚科でそばかすを消す場合、主に次の2種類の治療が用いられますよ。

そばかすを消す主な治療方法

①ステラM22フォトフェイシャル(IPL)
②レーザー治療

 

①フォトフェイシャル(IPL)

フォトフェイシャルとは、IPLと呼ばれる特殊な光を肌に照射することで、肌全体の悩みを改善する治療法です。

◆フォトフェイシャルの特徴

肌悩み シミ・そばかす・くすみ・ニキビ跡・毛穴など肌全体に効果あり
痛み 輪ゴムで軽くはじかれたような痛み
回数 月1、5回で1クール、継続で徐々に改善
ダウンタイム ほぼなし。施術後すぐにメイクが可能。
費用 相場は1回1,2万~2万円。
※東京銀座メディカルクリニック

次にご紹介するレーザー治療と比べて痛みやダウンタイムの心配が少なく、始めやすい治療です。

②レーザー治療

レーザー治療とは、シミやそばかすの元であるメラニン色素にピンポイントでレーザーを照射していく治療です。

肌悩み そばかす・シミ・ニキビ跡などにアプローチ
痛み 針でさされた程度の痛み(麻酔が必要)
回数 1回~取り放題があるところも
ダウンタイム 約10日~14日間施箇所に軟膏を塗り、保護テープを貼る必要あり
費用 個数単位で施術する場合が多い。4㎜以下のシミ1つあたり5,000円前後~
※東京銀座メディカルクリニック

ダウンタイム中にしてはいけないこと!

・擦らない
・かさぶたを剥がさない

など注意が必要ですが、当日から普段通り過ごすことができます

マスクが定番のスタイルになった今、手を出しやすい施術になったかと思います。

治療にかかる費用や必要な施術回数などは、事前に皮膚科医にしっかり相談した上で治療を受けてください。

また、せっかくそばかすを治療しても、普段の生活で油断をすると新たにシミが出てきてしまう可能性がありますので予防のためのセルフケアについても、いくつかお話しますね。

 

自分でできる効果的なそばかすケアを3つご紹介しますよ。

そばかすに効く3つのセルフケア

①美白効果の高い化粧品を使う

そばかすが目立つお肌は、メラニン(シミ・そばかすの色素の元)が過剰に生成されている状態

そのため肌内部のメラニンにはたらきかける成分を配合した、美白効果の高い化粧品が効果的です。

 

②紫外線対策を徹底する

そばかすの目立ちを防ぐためには、年中の紫外線対策を徹底することがとにかく大切。

紫外線ダメージを受ける機会を減らせば、メラニンが過剰に生成されるリスクも減らせるためです。

また美白成分が配合された日焼け止めを選ぶと、UVカットと同時に美白ケアが叶いますよ。

 

③食事&サプリで内側から美白ケア

そばかすを目立たせないために、毎日の食事で肌の内側からケアすることも大切なんです

例えば以下のような栄養素は、肌の新陳代謝をうながしてメラニンの排出をサポートしてくれます。

ビタミンA ・ニンジン
・小松菜
・ブロッコリー など
ビタミンC ・レモン
・パプリカ
・トマト など
ビタミンE ・アーモンド
・ピーナッツ
・かぼちゃ など

こんなに食事に取り入れられない・・・

という方はサプリメントの併用もいいかもしれませんね。サプリメントは不足しがちな栄養素を補うものになるので容量をきちんと守って使用してみるのもお勧めです。

とはいえ、サプリメントはあくまで補助的に飲むものなので要な栄養素はなるべく、食事から摂取しましょう。

美に近づくには、インナーケアもとても大切です。東京銀座メディカルクリニックではダイエットメニューもあり遺伝子検査や栄養指導もしてくれるのでぜひ一度、足を運んでみてください。

カウンセリングだけでもスタッフ一同、大歓迎です!