facebook facebook instagram instagram
2022.01.25

摩擦 肌荒れ対策

Category美容に関する知識
  • Tags
  • #にきび
  • #マスク生活
  • #乾燥
  • #皮膚科
  • #肌荒れ

 

なぜ摩擦がNG行動なのでしょう。

肌を必要以上に“さわる”、“こする”、“もむ”ことが「ダメ、絶対!」な理由は2つあります。

1つは肌に刺激が与えられると、肌のバリア機能が低下し、肌荒れ、赤み、乾燥の原因になること。

もう1つは、皮膚が伸びることでたるみの原因になることです。

そして近年では新型コロナウイルスの感染拡大によって、マスクをつけ続ける日々が1年以上続き「肌が敏感になった」「肌荒れしやすくなった」という人が増えているはず。

このような“マスク肌荒れ”は、なぜ起きてしまうのでしょうか。

これもまた会話の際のマスクの摩擦が原因のひとつ…。マスクによる肌荒れを予防するカギとなる“肌のバリア機能”を高めるための5つの対策をお伝えします!

 

摩擦で“肌のバリア機能”が低下してしまう

 

とにかく“摩擦”なんです。
マスクの着脱はもちろん、ずれを直したり、口を動かして話したりすることでも、マスクと肌は摩擦を起こしています。

しかも、マスクの内側は高温多湿。肌表面の角質層は、お風呂に入ってふやけた時のように水分を吸収して膨らみ、一見保湿されているように感じますが“肌のバリア機能”が低下した状態になっています。

“肌のバリア機能”とは、肌の表面にある角質層が、摩擦や紫外線、雑菌などの外部刺激から肌を守り、肌内部の水分を保ってくれる働きのこと。
具体的には、角層細胞内の「天然保湿因子(NMF)」が保持する水分と、角層細胞間を埋める「細胞間脂質」と、角層表面の「皮脂膜」がバリアの役割を果たしてくれています。

 

このバリア機能が低下することによって、外部刺激から肌を守れなくなり、肌の内側からも水分が抜けていってしまいます。
そしてマスクでふやけてバリア機能が低下した肌が摩擦によるダメージを受けるため、さらにバリア機能の低下が進み、“肌荒れ”が起こりやすくなるのです。

それでもマスクをつけないわけにはいかない今、“マスク肌荒れ”を起こさないためには “肌のバリア機能”を高めるケアが必要です。

マスク内は、汗や息によって湿度が上がり、蒸れます。
対策としてまず重要なのは、“適切なマスク選び”と“マスク内の温度と湿度(ムレ)のコントロール”です。

 

下記では、改善に必要な③つのことをお話します。

① 肌に優しく、通気性のよい素材のマスクを選ぶ

ウィルスの飛沫を遮断する機能の高いマスクを選ぶことは大前提です。その上で、綿100%やシルク調などの肌に優しい素材を選びましょう。

 

② 顔に合ったサイズのマスクを選ぶ

大きすぎるマスクは、マスクの隙間から乾燥を招いてしまいます。
逆に小さ過ぎるマスクは肌との密着が強く摩擦が大きくなり、肌にダメージを与えます。

<P0int!自分の顔に合うマスクサイズの測り方>
親指と人差し指でL字形を作り、耳の付け根の一番高い部分に親指の先、鼻の付け根から1cm下に人差し指の先を当てます。親指と人差し指の先を結んだ直線距離が、顔に合うサイズの目安だそうですよ!

③ マスク内の湿度をコントロールする

肌がふやけた状態になっていると、水分が蒸発しやすいので乾燥しやすくなります。
例えば、不織布マスクの内側にガーゼやティッシュを挟み、湿ってきたら取り換えるようにすると、湿度のコントロールができ役立ちます。

マスクをつけていても、紫外線からは肌を徹底的に守ること

「マスクで隠れるから大丈夫」と、日焼け止めの塗布がおろそかになっていませんか?
当院の患者様にもちらほら、いらっしゃいますがバリア機能が低下した肌に紫外線は大敵です。

マスクから出る部分はもちろんのこと、マスクが当たる部分も念入りに塗るようにしましょう。

マスクを外した後は“正しいクレンジング&洗顔”でバリア機能の低下を防ごう

“マスク肌荒れ”を防ぐには、マスクを外した後の正しいスキンケアで“肌のバリア機能”を高めることが大切です。

その第一歩がクレンジングと洗顔。クレンジング剤は低刺激で保湿性の高い“洗い流すタイプ”の物を選び、毎日しっかりと洗い流しましょう。クレンジング剤の油分が肌に残っているとニキビや毛穴の黒ずみの原因になります。

クレンジングの後は、肌に優しい低刺激の洗顔料を使い“W洗顔”します。摩擦を起こさないように、たっぷりと泡立てて優しく洗います。洗った後は36~38℃程度のぬるま湯で洗い流しましょう。

熱いお湯を使うと、肌に必要な皮脂も洗い流してしまうのでNG!肌が乾燥し、また肌荒れを招きます。

洗顔後は“即保湿” 自分の肌質に合った保湿をしよう

肌のバリア機能を守るスキンケアの基本は“保湿”です。

洗顔後の肌は、肌表面についた水分が蒸発する時に、肌内部の潤いまで一緒に蒸発してしまうため、保湿は時間との勝負なんです。洗顔後、すぐに化粧水で潤いを補給します。
その後、乳液やクリームなど油分を含む物(高保湿のスキンケア)を重ね塗りして、潤いを肌に閉じ込めましょう。

 

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、マスク生活はまだしばらく続くと思いますので、“マスク肌荒れ”対策には、“肌のバリア機能”を高めるケアをしていきましょう。