facebook facebook instagram instagram
2022.03.01

春のストレスが原因?不安定なゆらぎ肌の正しい対処法

Category美容に関する知識
  • Tags

毎年、春になるとなぜだか肌の調子が不安定になる…。

とお肌の変化や不調を感じている方は多くいるはず。
春の肌はゆらぎ肌になりやすいと言われていますが、そのゆらぎ肌とはどのような肌状況なのでしょうか?
ゆらぎ肌とは具体的にどのような状態なのか、原因や対処法とあわせてご紹介します!

 

 

お肌のSOSサイン!春のゆらぎ肌って?

「ゆらぎ肌」とは、季節の変わり目などに肌が敏感になり、弱ってしまうことです。
乾燥して赤くなったり、肌にピリピリとした違和感があるといった症状があり、普段通りのスキンケアでも肌荒れを起こすこともあります。
その他にも、皮むけ、湿疹、かゆみなど、人によって症状は異なるのも特徴のひとつ。
「なんだかいつもより肌の調子がわるい」と感じるときは、もしかしたらゆらぎ肌を起こしているかも知れません。

そんなゆらぎ肌になる原因には、外部環境と体内環境の変化が関わっています。
まずは春の環境が原因の場合ですが、季節の変わり目は紫外線量が変わったり、寒暖差が激しくなりますよね。
その急激な気温や気候の変化に肌がついていけず、ターンオーバーが乱れて肌がデリケートになってしまうんです。

また、体内環境では春の環境の変化によるストレスや緊張が原因にもなります。
春は新生活をスタートする人も多く、慣れない環境で生活することでストレスが溜まり、自律神経が乱れたり体に緊張状態が続くこともあるでしょう。
そのストレスが原因で、肌に疲れや肌荒れが現れてしまいます。
さらに春は花粉や紫外線の量が一気に増えるため、かゆみやくしゃみの時に肌を摩擦する機会が増えることも肌荒れの原因になります。

春のゆらぎ肌の対処法はあるのか?

あります!

・最低限のスキンケアで様子を見る
肌の調子が悪いと、「化粧品が合わないのかな?」と疑ってしまいますよね。
しかし、いつも使っている化粧品で調子が悪くなったなら、原因は肌のほうにあります。
そんな時は化粧品を替えたり、過剰なケアをしたりせず、優しく丁寧な洗浄と保湿だけで様子を見てみましょう。

・紫外線対策はUVグッズを併用して
春は紫外線量が一気に増え、しかも夏と違ってUVケアを忘れがちな季節。
スキンケアにはUVケアを取り入れ、肌に優しい日焼け止めを塗るとともに、ストールや帽子、日傘などのUVグッズも一緒に使うようにしましょう。
グッズで紫外線をシャットアウトすることで、肌への負担を大きく減らすことができます。

・スペシャルケアは一時休止
ゆらぎ肌になっている時は、摩擦などの刺激に弱くなります。
ピーリングやシートマスクなどのスペシャルケアは肌に刺激を与えがちなので、「ゆらぎ肌になっているかも…」と思った時はしばらくお休みしましょう。

・早寝早起きを心がける
睡眠不足になると、自律神経が乱れてストレスにも弱くなります。
忙しくても早めに寝て、朝の日光で気持ちよく起きる生活を心がけましょう。

・適度な運動でストレス発散
ウォーキングなど適度な運動には、ストレスを発散させて自律神経を整える効果があります。
自分自身が楽しいと思える運動を定期的に続けましょう。

 

春は過ごしやすい季節でおしゃれも楽しめます。体調やお肌を整えて、思いっきり四季を楽しみましょう!