facebook facebook instagram instagram
2023.01.07

毛穴に詰まった角栓の取り方|押し出し禁止!

Category美容に関する知識
  • Tags

毛穴に詰まった「角栓」。どうしても気になって一気に引っこ抜けたらいいのに!という気持ちになるかもしれませんが、押し出しや毛穴パックは肌を傷つけ、余計に悪化させる危険性が…。どう対策すれば良いか、日々の正しいケア方法や角栓の取り方を専門医に聞いてみました!大切なのは、根本から改善すること。角栓にお悩みの女性は、ぜひ参考にしてみてください。

ポツポツとした黒い角栓。気になるからといって押し出してつまみ取ったり、はがすタイプのパックを使ったりして無理に取り去ろうとすると、 かえって肌トラブルを招くことに…。そこで、角栓の原因や正しいお手入れ方法を専門医、美容のプロが解説します。 おすすめのアイテムを活用して、角栓ケアをしっかり行いツルツルな肌を目指しましょう。

 

そもそも毛穴に角栓ができる原因って?

角栓は古い角質と皮脂が混ざったもの

角栓は「毛穴の中で代謝して剝がれた古い角質と皮脂が混ざったもの」だと言います。角栓は鼻や眉間、あごなど、皮脂分泌が多いエリアにできやすく、これを放置してしまうとどんどん大きくなり、毛穴を詰まらせる原因になるんだとか。

肌表面と同様、毛穴の中でも角層の代謝が行われているので皮脂と古い角質が混ざって〝角栓〞となり、毛穴を詰まらせます。それを放っておくと大きく硬くなって毛穴を開かせ、さらに表面が酸化して黒ずみ毛穴に。

 

毛穴の角栓を取りたい人が習慣にするべきこと

日々の洗顔

洗顔料を使わないと角栓が悪化します。

肌が乾燥するから朝はぬるま湯ですすぐだけ、という声もよく聞きますが、毛穴詰まりが気になるなら洗顔料できちんと洗わないと角栓はとれません。よほど乾燥して毛穴がほぼ目立たない人以外は、朝も夜もしっかり洗顔を行いましょう。

洗顔料をしっかり使って、日々の汚れを少しずつキレイにすることが大切なのですね。

 

洗顔前のホットタオルで汚れを落としやすく

蒸しタオルで肌をほぐす。

洗顔前に蒸しタオルで肌をほぐしておくことで、くすみやゴワつきがさらにスッキリさせてくれます。

 

ビタミンC誘導体配合のスキンケアに切り替える

朝晩の正しい洗顔や浮いてきた皮脂をティッシュなどで抑えることに加え、スキンケアを皮脂分泌抑制効果のあるビタミンC誘導体配合のアイテムに切り替えるのがおすすめだと言います。

 

鼻の角栓が取れないからと言って押し出すのはNG!

強く押し出すとかえって毛穴にダメージが!

オイルなどでケアしたのちに表面に飛び出した角栓を、軽く押して取り去る程度なら問題はないそう。ただし力の入れ過ぎには十分注意するよう、促します。

洗顔の後、角栓が表面に飛び出していたら、それを軽く指で押して取り去る分には問題ありません。ただし、内出血するほど強く押したり、指で角栓を絞り出したりするのは、肌を傷つけるのでやめて。かえって毛穴にダメージを与え、広げてしまう原因にもなります!

剥がすタイプのパックもNG!

剥がすタイプのパックは卒業した方が良いです。

角栓をとるパックは、周囲の肌にも負担がかかります。日々の洗顔で少しずつ取り去っていくイメージをもちましょう。普段から角質ケアを取り入れておけば、角栓が硬くなってしまうのを防いで、無理に取り除く必要もなくなります。

 

角栓が詰まった毛穴は、それだけで美肌の印象から遠のいてしまうもの。今回ご紹介した注意点を見直し・改善することで、ポツポツ毛穴の改善だけでなく、予防にもつながります。

時間をかけて透明感のある美しい素肌を目指していきましょう!