facebook facebook instagram instagram
2022.09.14

紫外線ダメージを受けた肌をリカバリー

Category美容に関する知識
  • Tags

保湿はヒアルロン酸が入っているものを選ぶ

乾燥から肌を守るためにはまずは保湿です。保湿にはただ肌を潤すだけでなく、バリア機能を回復させるという大切な役割があります。今後さらに乾燥する季節を迎える前にたっぷり保湿の習慣を心がけましょう。保湿化粧品に配合されている保湿成分の代表格ともいえるのがヒアルロン酸。たった1gで2~6リットルもの水分を抱え込むことができ、角層のなかで水分を抱え込み、それを保持することで潤いと弾みに満ちた肌を叶えることができます。

また、同じヒアルロン酸でも様々なタイプがあります。例えば肌表面で潤いをキープするもの、また、加水分解ヒアルロン酸のように角層の奥深くまで浸透するタイプ、あるいはバリア機能にアプローチするというようなものがあります。したがって、目的に合ったヒアルロン酸を選ぶことも大切です。

 

敏感肌の方はこまめな保湿を心がけましょう

保湿は敏感肌を加速させないためにも有効です。朝晩のスキンケアの時はもちろん、日中も乾燥を感じたらしっかり潤しましょう。この場合、メイクの上から使えるローションやミストローションなどがおすすめです。

なお、機能性の高いミストであればポーチの中もスッキリします。例えば、スプレーした瞬間に香りに癒されるラベンダーや、肌質を高めるといわれているローズマリーなど、特にアロマテラピーで使用する精油を香料として使っている商品を選ぶと、よりリラックスや肌への効果が期待できるとされています。これからの季節に備えて、お気に入りの1本を見つけてみましょう。

 

肌のごわつきには、角質ケアと保湿を!

この時季に感じやすい肌のごわつきは、古い角質が溜まっていることが原因と考えられます。紫外線の影響を受けた肌はターンオーバーが一時的に早まり、肌表面の古い角質が落ちきることなく厚くなるので、肌の上が渋滞しているような状態に。
このような場合、肌と古い角質との結びつきを弱めることで、代謝を促してバリア機能も高まる肌に生まれ変わります。例えば、ピーリングでターンオーバーを促す方法もありますが、まずは肌に必要な水分を補給して、正常なターンオーバーサイクルを取り戻すことが大切です。季節の変わり目は肌コンディションが崩れやすくなるので、丁寧な保湿を心がけてくださいね。

また、紫外線は夏だけでなく一年を通して常に地表に降り注いでいます。夏の日焼けが落ち着いてきて油断しがちな秋ですが、外出時には日焼け止めを塗りましょう!UVケアは一年を通して行うことが大切です。

 

肌の炎症対策は、お手軽パックでケア

紫外線をたっぷり浴びた肌は炎症が起こりやすくなり、肌の弾力を保つコラーゲンを破壊し、ハリの低下やシワにも繋がってしまう可能性があります。失われた肌のバリア機能を高めるために、コラーゲンやヒアルロン酸が配合された化粧水やクリームなどで保湿して肌の機能を整えましょう。

 

季節が移り変わる頃です。これから季節が深まると共に、肌にも厳しい環境が訪れます。肌コンディションをキープするためにも、今のうちから肌によい習慣を続けて、トラブル知らずの肌を目指しましょう!