facebook facebook instagram instagram
2022.04.26

髪も日焼けする!? 紫外線から髪を守ろう

Category美容に関する知識
  • Tags

 

日を追うごとに暖かくなり、いよいよ紫外線も強くなってきましたね。紫外線対策に余念がない女性は多いとは思いますが、髪の紫外線対策は十分に行っているでしょうか?
日焼け止めを塗るなど、お肌への対策ももちろん大切ですが、実は髪も同様に紫外線によるダメージを受けているのです。
知らず知らずのうちに蓄積されている髪への紫外線ダメージと、美しい髪のためにぜひ行いたい対策方法についてお話しします!

 

 

髪の日焼けを防ぐ! 紫外線対策方法

髪への紫外線ダメージ その3つの影響って?

①枝毛や切れ毛
私たちの髪は、アミノ酸のシスティンが結合しあったタンパク質によって構成され、その表面はキューティクルと呼ばれるうろこ状の物質によって保護されています。
髪に紫外線が当たるとアミノ酸の結合が壊れ、キューティクルがはがれて傷みやすくなるのです。
弱くなった髪は切れやすくなったり、ささくれて枝毛になったりしてしまいます。

②退色
メラニン色素を作り出してお肌を黒くするイメージのある紫外線ですが、実はメラニン色素を破壊する働きも持っています。
私たちの髪が黒く見えるのはメラニン色素の影響なのですが、紫外線を浴びた髪ではメラニン色素が破壊されるため、色が抜けて赤茶けてしまうのです。

③頭皮の日焼け
髪の毛だけでなく、頭皮ももちろん影響を受けます。私たちの体の皮膚は全身繋がっているため、頭皮もお肌の一部のように日焼けをするのです。
頭皮が日に焼けると細胞が破壊され、抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。

髪の日焼けを防ぐ、紫外線対策方法を紹介!

■帽子や日傘で日差しを避ける
外出時に帽子や日傘で日差しを避けるのは、紫外線対策としては一般的ですね。これは髪や頭皮の紫外線対策においても理にかなっているといえます。
帽子を使う際には白や淡いブルーなど、薄い色のものをチョイスして帽子自体が熱を吸収しないように心がけましょう。つばの広さは7cm以上が理想です。

■髪用の日焼け止めで徹底UVカット
最近は日焼け止めスプレーなど、髪専用の紫外線対策アイテムが数多く販売されています。髪に優しい成分でつくられたものも多く、スタイリング効果のあるものやトリートメント効果のあるものなどさまざまな製品があるので自分に合ったものを活用してみましょう。

■紫外線を浴びたらしっかりとトリートメント!
うっかり日に当たってしまった日には、ダメージケア用のトリートメントで十分にケアをしましょう。ブラッシングやブローの前には洗い流さないタイプのトリートメントで髪を保護することも忘れないようにしてくださいね。

 

最後に!

紫外線を浴びた髪や頭皮は非常にデリケートな状態になっています。ブラッシングやシャンプーの際には刺激しないように、優しいタッチで行うようにしてくださいね。
適切なケアで、1年中美しい髪をキープしましょう!