facebook facebook instagram instagram
2022.04.26

ゴワゴワ肌の原因「角質肥厚」って?

Category美容に関する知識
  • Tags

「角質肥厚」の原因や肌への影響・・・

 

「最近メイクのノリが悪くなった気がする」「肌が硬くなってゴワゴワしている……」このような肌のお悩みはありませんか?
肌のゴワつきやカサつきを感じているという場合は、もしかすると「角質肥厚」という状態になっているかもしれません。角質肥厚の大きな原因は、肌への過度なダメージにあります。柔らかい肌を取り戻すためには、どんなスキンケアケアを心掛けたら良いのでしょうか?
今回は、角質肥厚の原因や肌への影響に加えて、正しいスキンケア方法をご紹介いたします。

「角質肥厚」が起きてしまう原因は?

角質肥厚の大きな原因は、肌の乾燥や紫外線ダメージによるターンオーバーの乱れです。
肌の生まれ変わりであるターンオーバーが乱れると、本来剥がれ落ちるはずの古い角質が肌の表面に蓄積されて角質が厚くなり、「角質肥厚」という状態になってしまうのです。
また、洗顔や肌ケアのときに肌をゴシゴシとこすって摩擦を与えてしまうと、肌に防衛反応が働いて角質が厚くなってしまいます。
ストレスや便秘などで肌のバランスが崩れたり、栄養不足や冷えで肌細胞に栄養が行き渡らなかったりするのも角質肥厚の原因のひとつです。

角質肥厚が肌に与える影響は?

角質肥厚が起こると、肌は分厚く硬くなってしまい、さらに乾燥しやすい状態になります。
すると、より一層ターンオーバーのサイクルが乱れてしまうため、角質肥厚に加えてシワやシミといった肌トラブルのリスクも上がります。
また、角質肥厚によって肌のキメが乱れると、毛穴が目立ちやすくなったりニキビができやすくなったりするという特徴も。
柔らかい肌を保つためには、角質肥厚への対策は欠かせません。

角質肥厚を改善するスキンケアのポイント

角質肥厚を解消するためのケアには、ピーリングやスクラブ洗顔が挙がりますが、角質をゴシゴシとこすり取るようなケアをしすぎると、肌にダメージが及んでバリア機能が壊れることもあります。場合によっては、さらに角質肥厚が進行してしまうこともあるため注意が必要です。

セルフケアでのピーリングやスクラブ洗顔は週1~2回程度に留め、肌の様子を見ながら行いましょう。
また、肌のゴワゴワを取り除き柔らかさを取り戻すためには、優しく洗顔をしてきちんと保湿するといった毎日の念入りなスキンケアが何よりも大切になります。
肌を清潔に洗顔したあとには、たっぷりの化粧水で保湿し、乳液やクリームで油分を補給してあげましょう。保湿を重視した基本的なスキンケアを欠かさないことが、角質肥厚を改善するための重要なポイントです。

 

角質肥厚の状態を放置してしまうと、肌トラブルに発展することはもちろん、スキンケアによる効果も半減してしまいます。健やかな肌を手にするためにも、丁寧な保湿ケアなどを心掛けて肌を優しく扱ってあげましょう!