facebook facebook instagram instagram
2022.02.02

唇がカサカサ。乾燥する原因は?

Category美容に関する知識
  • Tags

 

唇の乾燥・・・どうにかしたい!そんなお悩みはありませんか?

原因を知って唇に良い習慣を身につけましょう!

 

 

原因1. 唇を舐めたり、剥いだりするクセがある

唇が乾燥してカサカサしていると、乾燥している部分を舐めて唇をうるおしたくなるかもしれません。しかし唇を舐めると唾液によって唇がかぶれてしまい、赤みがでたりかゆくなったりすることも。炎症がひどくなると、唇に亀裂が入ったりベロンとめくれ上がったりします。唇の皮を剥いでしまうと、さらに唇は荒れてしまいます。特に気温が低い冬の季節は、唇が乾燥しやすいので要注意!

原因2. 洗顔のしすぎ・下地をつけない

洗顔をしすぎると唇の水分が奪われ、より乾燥しやすい状態に。顔を洗うときはできるだけ唇を刺激しないように、やさしく丁寧に洗うことを心がけてくださいね。また化粧をするときに、リップ下地を塗らず直接口紅をつけてしまうと、唇がカサカサと乾燥し縦ジワが入りやすくなりますよ。

原因3. マスクによる外的刺激

マスクを着用していると、マスクと唇が触れ合うことが多くなります。摩擦を生じることで、唇は乾燥しやすくなり肌荒れを起こしやすい状態に。マスクを使うことが多い今こそ、スキンケアは入念に行いましょう。

原因4. ストレスを抱えている

意外と盲点なのが、“ストレスによる唇荒れ”。ストレスを抱えることで皮膚は血行不良に陥り、酸素や栄養が循環されにくくなります。からだの中でも、唇は血液がたくさん巡っている場所なので、ストレスによる影響を受けやすいのが特徴なんです。唇の血色が悪くなったり、乾燥したりするのは黄色信号!健康的なピンク色の唇をしているか、今一度鏡を見てチェックしてみましょう。ストレスによって、無意識に唇を噛んだり触ってしまうことがあるので注意してください。

原因5. 食生活の乱れ・栄養不足

食生活の乱れや無理なダイエット、ビタミン不足でも、唇はカサカサと乾燥したり亀裂が入りやすくなったりします。口角炎や口内炎で唇の横が切れるのは、ビタミン不足が原因のひとつ。ダイエットをするときは、極端な食事制限をしないように気をつけましょう。

原因6. 日焼け

激しい日焼けをすると、唇の水分が蒸発しやすくなり乾燥を招きます。唇にシミやホクロが増えてきたら、紫外線の影響を受けているサインです特に、下唇は上唇に比べて異常が起こりやすいです。マスクをしていても日焼けはするので、リップを塗るなどして紫外線対策は怠らないようにしましょう。

 

この時代、あまり見えることのない口元ですが食事の際などふとした瞬間にも意外と

みられているんです。気を抜かずに日々のケアを頑張りましょう!